• NET
  • TV
  • DVD

HEROES/ヒーローズ

4.2 / 5

視聴可能シーズン(draco調べ)

  • NET
    -
  • TV
    -
  • レンタルDVD
    シーズン2-4 レンタル中
  • セルDVD
    シーズン1-4 発売中

HEROES/ヒーローズ の作品紹介

地球の危機に立ち向かう超能力者たちの姿を描くSFアクションドラマ。

2006年から2010年まで、アメリカNBCテレビで第1シーズンから第4シーズンの全77話が放映された。日本ではBS朝日のほか、CSのSuper! drama TV、民放の日本テレビなどで放映。物語の舞台が、ニューヨーク、東京、インド、エジプト、アイルランドとめまぐるしく変わり、世界を舞台とした壮大なシリーズとなった。

等身大のヒーロー達

「特殊能力を持ったヒーロー」というと、『スーパーパン』、『バットマン』『X-メン』など、コスチュームを身にまとったアメコミヒーローが定番だが、本作の主人公たちは平凡な生活を送っていたごく普通の人間たち。能力を持ってしまったがゆえの等身大の悩みや欲望が描かれ、アメコミとはひと味違った人間ドラマを作り出している。また、劇中に登場する人物のブログや、会社組織のホームページが実際にウェブ上に開設されるなど、ドラマとインターネットをクロスオーバーする遊び心も満載だ。

オタクヒーロー、ヒロ・ナカムラ

本作の人気の火付け役となったのは、なんといっても日本人俳優マシ・オカ演じるヒロ・ナカムラだろう。彼は日本人のオタクサラリーマン(台詞はほとんどが日本語)。何か良いことがあると「ヤッター!」と叫ぶ。演じるマシ・オカは少年時代IQ180の天才児として「タイム誌」の表紙を飾ったこともある経歴の持ち主。現在もジョージ・ルーカス率いるIMLでエンジニアとして在籍してる。ちなみにシーズン2では、ヒロの恋人役として、アメリカで活動する元アイドルの田村英里子が出演していた。
もう一人の人気キャラはヘイデン・パネッティーア演じるクレア・ベネット。どこかで見覚えがあると思いきや、彼女は『アリーマイ・ラブ』シーズン5でアリーの娘役!!

下馬評を覆し大ヒット

スタート当初、SFはヒットしないと思われていた。
HEROES/ヒーローズが他の作品と違い、幅広い視聴者を引きつけたのは、登場人物のだれもが普遍性をもっていたから。なぜ、自分たちは能力をもってしまったのか、苦悩する姿が身近に感じられるのかもしれない。

また、複雑なドラマも見逃せない要素。フラッシュバックやフラッシュフォワードといった表現手法を駆使し、複雑なドラマを演出する。次に何が起こるかわかならいスリリングな展開が『HEROSE/ヒーローズ』の魅力だ。

視聴方法まとめ(draco調べ)

  • レンタルDVD
    • シーズン2-4 レンタル中
  • セルDVD
    • シーズン1-4 発売中
  • ※ 上記の配信情報はDRACO調査によるもので、公式情報ではございません。最新の配信情報は各公式サイトをご覧下さい。

HEROES/ヒーローズ の関連記事

HEROES/ヒーローズ の主なキャスト・登場人物

Photo Powered by bing

最新のみんなの投稿

HEROES/ヒーローズ の作品情報

あらすじ

シーズン1:volume1「創世記」

ある時、世界で同時多発的に不思議な能力を持つ人々が現れはじめた。空を飛べるようになったピーターとその兄のネイサン。他人の心の声を聞けるようになった警官のマット。不死身の身体を身につけたチアガールのクレア。そして東京では、平凡なサラリーマンのヒロが空間移動や時間を操る能力を身に着けていた。なぜ彼らに特殊能力が備わったのかは謎のままだったが、突然身に着けた能力に、戸惑う者、歓喜する者、そして能力を悪事に使おうとする者まで、受け取り方は様々だった。
特殊能力を身につけたうちの一人、画家のアイザックは、予知能力を身に着けていた。ある日彼は、マンハッタンで核爆発が起きる様子を予知する。世界中から引き寄せられるようにニューヨークに集結した超能力者たちは、核爆発の阻止に向けて動き出す。しかし同時に、相手の能力を吸収できる能力を持つ殺人鬼サイラーが現れ、超能力者たちが次々に殺されてゆく。はたして核爆発は阻止できるのか?善と悪の超能力者同士の戦いの行方は……?

シーズン2:volume2「世代」

ヒーロー達の活躍により、サイラーを倒し、ニューヨークの爆発は防げた。しかし、ピーターは行方不明になり、ヒロは遙か過去の京都に迷い込んでいた。ピーターはとある場所で記憶を無くし、ギャングの元に身を寄せていた。自身のルーツを探るため、自らが書いた予言の絵の元に旅立つ。
また、ヒロは過去の京都で剣聖タケゾウに出会う。しかし彼が出会ったタケゾウは……。

そして彼らの前に新たなる脅威が現れる。能力者のみがかかるウィルス、人の心に進入する「ナイトメア・マン」。そして組織のメンバーがある者に次々と殺されていく。
記憶を失ったピーター、歴史を正そうとするヒロ、「組織」を潰すことを画策するモヒンダー。再び彼らの運命が交錯する。

シーズン3:volume3「悪人」

ピーター、ネイサン達は自分たち能力者の事を公表しようとしていた。その記者会見でネイサンは何者かに撃たれて意識不明の重体になる。
その場から立ち去る男の顔には大きな傷があった。ネイサンを撃ったのは5年後の未来から来たピーターだった。ネイサンが能力者の事を公表してから、能力者狩りが始まり、5年後の未来ではピーター達は迫害されていた。彼はその未来を変えようと過去にやってきたのだ。

シーズン3:volume4「逃亡者」

脅威が去った後、ヒーロー達はすっかり元の生活に戻っていた。
ピーターは看護師に、モヒンダーはタクシードライバーに。
そんなある日、トレーシーが何者かに襲われる。そして次はマット。
次々と能力者が襲われていく。
それを指示していたのはネイサン・ペトレリだった……。

シーズン4:volume5「贖罪」

サイラーとの最後の戦いから1ヶ月半。皆は故郷に戻り、それぞれの日常を取り戻していた。
クレアは晴れて大学生に。ピーターも看護師に戻っていた。
そんな日常を取り戻しつつある彼らの前に謎の男が現れる……。

登場人物

キャラクターキャスト吹き替え人物
モヒンダー・スレシュセンディル・ラママーシー村治学遺伝子学者。父の殺害の真相を求め、ニューヨークにやってくる。
ピーター・ペトレリマイロ・ヴィンティミリア竹若拓磨介護士。自身の力に目覚め、世界を救うため奔走する。エンパス能力者。
ヒロ・ナカムラマシ・オカ藤原堅一ヒーローに憧れる日本人サラリーマン。時空間を自在に操ることが出来る。
クレア・ベネットヘイデン・パネッティーア田代有紀不死身のチアリーダー。
ニキ・サンダースアリ・ラーター田村真紀二重人格者。怪力。
トレイシー・ストラウスアリ・ラーター田村真紀政治アドバイザー。ニキとは一卵性の姉妹。別にバーバラという姉妹もいる。
ネイサン・ペトレリエイドリアン・パスダー青山穣政治家。ピーターの兄。飛行能力を持つが、ひた隠しにしている。
マット・バークマングレッグ・グランバーグ古田信幸警官。他人の心を読むことが出来る。
マイカ・サンダースノア・グレイ=ケイビー小林由美子ニキとD・Lの息子。機械を自在に操れる。
アンドウ・マサハシジェームズ・キーソン・リー間宮康弘ヒロの同僚。
ノア・ベネットジャック・コールマン谷昌樹組織のエージェント。クレアの義父。
ガブリエル・サイラーザカリー・クイント中嶋将平他の能力を奪う殺人鬼。
ケンセイ・タケゾウ/アダム・モンローデイヴィッド・アンダース桐本琢也日本の英雄とされている。ヒロは彼のファン。
アンジェラ・ペトレリクリスティン・ローズネイサンの母。組織の一員。
ルネ(ハイチ人)ジミー・ジャン=ルイ谷昌樹ノアの部下。記憶を消す能力者。
その他の登場人物
キャラクターキャスト吹き替え人物
D・L・ホーキンスレナード・ロバーツ竹田雅則ニキの夫。空間をすり抜けることが出来る。
シモーヌ・デヴォータウニー・サイプレス永吉ユカアイザックの恋人。
アイザック・メンデスサンティアゴ・カブレラ咲野俊介アーティスト。彼の描く絵は未来を描く。
イーデン・マッケインノーラ・ゼートナー清和祐子モヒンダーの隣人。正体はベネットの部下。
ハイディ・ペトレリレナ・ソファー八十川真由野ネイサンの妻。車の事故で半身不随になる。
オードリークレア・デュバル
サンドラ・ベネットアシュレイ・クロウ沢田敏子ノアの妻。組織の事がばれそうになる度、ハイチ人に記憶を消される。
ライル・ベネットランドール・ベントリーノアの息子。
テッド・スプレーグマシュー・ジョン・アームストロング放射能能力者。知らず知らずのうちに放射能をまき散らし、妻を癌に冒してしまった。
ザックトーマス・デッカー下和田裕貴クレアの幼馴染み。ゲイ。クレアの力を知っていた。
クロード・レインズクリストファー・エクルストンニューヨークの浮浪者。透明になる能力者。元組織の一員。
ジャニス・パークマンエリザベス・ラッキーマットの妻。マットの同僚と浮気をしていた。
チャンドラ・スレシュエリック・アヴァリモヒンダーの父。サイラーを見出し、サイラーに殺された。
カイト・ナカムラジョージ・タケイ、尾崎英二郎(若い頃)石井隆夫ヒロの父。組織のメンバー。
アメリカ合衆国大統領マイケル・ドーンアメリカ合衆国大統領。
モリー・ウォーカーアデール・ティシュラー清和祐子千里眼の能力者。
ハナ・ギテルマンスタナ・カティック通称ワイヤレス。
チャールズ・デヴォーシモーヌの父。組織の一員だった。テレパシー能力者。
サミュエル・サリヴァンロバート・ネッパー若本規夫シーズン4より登場。謎の集団「カーニバル」の首謀者。
エドガーレイ・パーク河合みのるシーズン4より登場。サミュエルの部下。スーパースピードでナイフを操る。
リディアドーン・オリヴィエリ安永亜季シーズン4より登場。サミュエルの部下。タトゥーを介して透視を行う。
グレッチェン・バーグマデリン・ジーマ小島幸子シーズン4より登場。クレアと同じ大学に通う。

トリビア

  • アイザック・メンデスが描いている絵はバットマンで有名なティム・セイルが描いている。
  • ヒロの台詞は当初「ヤッター」ではなく「Bonsai」と書かれていた。
  • マット・バークマン役のグレッグ・グランバーグは『LOST』のJ・J・エイブラムスの幼なじみ。
  • クレア役のヘイデン・パネッティーアとピーター役のマイロ・ヴァンティミリアは私生活ではカップル。
  • サイラーを演じるザッカリー・クイントは大のスタートレックファン。J・J・エイブラムス監督作『スタートレック』劇場第11作目にスポックとして出演。
  • シーズン2ではヒロ・ナカムラの恋人役として田村英里子が出演している。ちなみに恋人役のオーディションにはミス・ユニバースの森理世も受けていた。
  • ワールドツアーで来日したメインキャスト4人は神田明神で神主に祝詞をあげてもらった。
  • アイザック・メンデスの描くヒロの漫画は「9th Wonders!」。
  • ヒロの時空間操作能力の元ネタは『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物DIOの「ザ・ワールド」。シーズン2第2話では、ヒロがDIOの口癖「無駄無駄無駄」を言っている。

関連画像 この画像はBing Search APIを利用して表示しています。

  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image
  • No Image

Photo Powered by bing

視聴履歴を管理

『HEROES/ヒーローズ』をみた後は、視聴履歴を付けてみよう。

アカウントを作成する場合は、DRACO の利用規約プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

  • ※ DRACOは無料でご利用頂けます。
  • ※ Facebook、Twitterに自動投稿されることはありません。

作品詳細

原題
Heroes
放送国
us
放送局
NBC
放送時間
43分
シーズン
4シーズン
エピソード
78エピソード
放送期間
2006年9月25日 - 2010年2月8日

シェアする

HEROES/ヒーローズ に関連するまとめ

「海外ドラマまとめ」は、様々なテーマ毎に海外ドラマをまとめたページです。『HEROES/ヒーローズ』に似た海外ドラマをお探し頂けます。

閉じる

ログイン

ログインしてお気に入り登録やコメント投稿をしよう。

アカウントを作成する場合は、DRACO の利用規約プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

  • ※ DRACOは無料でご利用頂けます。
  • ※ Facebook、Twitterに自動投稿されることはありません。

『HEROES/ヒーローズ』をみた後は、視聴履歴を付けてみよう。

アカウントを作成する場合は、DRACO の利用規約プライバシーポリシーに同意したものとみなします。